『京都おさんぽ#9』北野天満宮近くの素敵なお豆富屋さん

LINEで送る

京都の豆腐は全国的に有名ですよね。
今日はお豆腐屋さんへ行ってきました。

140221豆腐屋1
宿から歩いて15分程のところ。
北野天満宮のすぐ近くにある「京とうふ藤野」さん。
(URL:http://www.kyotofu.co.jp/shoplist/sub
お豆腐屋さんといっても、商品は豆腐から派生して多岐に渡っています。
例えば、豆乳や豆乳ソフトクリーム、色んなスイーツもありました。

140221豆腐屋2
このお店でも使われているのですが、「とうふ」の文字の話。
「とうふ」は国語的に正しくは「豆腐」と書きますが
最近ではよく「豆富」と書いてある商品とかを目にします。
これは文字のイメージでやはり「腐る」というのを嫌って
代わりに「富」を使っているのですね。
このあとはあえて「豆富」で行きたいと思います。

豆富を使った代表的な料理として湯豆富があります。
これも純粋に豆富をおいしく頂けるのでとてもいいものです。
子供の頃は冬の湯豆富がすごく好きで、
個人的には湯豆富と炊き込みごはんの組み合わせが現れると
めっちゃテンションが上がります。

ただ一方でスイーツなど、気軽に食べることの出来る「豆富」も
豆富のイメージをいい意味で変えたり、
豆富そのものはあんまり。。。という人にもトライして頂けそうですね。
場所的にも北野天満宮という老若男女・国籍問わず色んな人が訪れるので
とっつき易そうで、いいお店だと思います。

私は小さい頃より豆富が好きだったので
豆富のお店がいっぱいある京都の町はそういう意味でも
楽しみがあります。
また折にふれてご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です