『イベント紹介★2018年2月』「雛まつりと人形」展〜京都国立博物館

LINEで送る

皆さんこんばんは!

冬季オリンピックが始まりましたね。

日本人が活躍しそうな競技は

ご覧になる方も多いのではないでしょうか。

私は同世代の葛西選手に楽しんで、

いいジャンプをしてもらいたいと

思っています。

●○●○●○●○●○●○

さて、今回は来たる2月20日より

京都国立博物館で始まる

特集展示「雛まつりと人形」のご紹介です。

●○●○●○●○●○●○

江戸時代から始まったと言われる

3月3日の雛まつり。


私は雛まつりと言えば

妹の雛飾りを手伝ったり

ご飯や卵で作った雛人形を

味わったことが

懐かしく思い出されます。

●○●○●○●○●○●○

特集展示 雛まつりと人形

会期 2018年2月20日 ~ 3月18日

会場 京都国立博物館 平成知新館2F-5

休館日 月曜日

開館時間
火~木・日曜日:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

金・土曜日:午前9時30分~午後8時まで(入館は午後7時30分まで)

観覧料
一般 520円 大学生 260円

●○●○●○●○●○●○

さて、ご紹介の人形展では

寛永雛・享保雛などの時代時代のものや

次郎左衛門雛といった人形師の名前を冠した雛人形、

また嵯峨人形や賀茂人形といった

(写真は賀茂人形)

京都の地名を冠した京人形など、

様々な角度から揃えられた雛人形が

一堂に集められました。


春近いこの時期、

北野天満宮などで

梅をご覧になられるのに合わせて

こちらで日本の人形文化を楽しまれては

いかがでしょうか。

京都国立博物館へのアクセス

和音から国立博物館へは市バスが便利です!

●最寄りバス停『博物館三十三間堂前』

●市バス系統 206

●和音最寄りの『乾隆校前(けんりゅうこうまえ)』より、

北回り(北大路バスターミナル経由)にご乗車、

約30分で到着です。


今回もご覧いただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です